NOBICS

静脈パターンは人により異なり、大きさ以外は成長や老化などによらず生涯変わらないという特徴があります。
静脈認証では、赤外線によりカメラで読み取るので、利用者はこれに指を触れるだけです。
指紋のような体表の情報は「型」を取って樹脂などで同じパターンを偽造される危険性がありますが、
静脈は体内の器官であるため偽造が困難です。
また、顔や筆跡、声紋など他の生体認証に比べ条件の振れ幅が小さいため、
安定して高い認証率を得ることができます。

システム部門